今日は、平城遷都1300年祭「木津川アート2010」を観に行きました。

木津川アートは、木津川市内の使われなくなった建物、何か懐かしい風景、アートを感じさせる空間などを利用し、展示やパフォーマンスが行われ、2010/11/3から2010/11/14まで開催されているイベントです。

鹿背山エリア、木津・本町エリア、上狛エリアの3会場で開催されているのですが、これらのエリアの距離感が分からなかったため、全て徒歩で制覇することにしました。
でも、この判断が不幸の始まりとなります。

角井邸.jpg鹿背山エリアから散策開始です。
曖昧な地図を片手に歩き始めたため、JR木津駅から最初に行く予定だった「角井邸」ではなく「梶ヶ谷トンネル」に着いてしまいました。
スタンプラリーも行っていたため、とりあえず来た道を引き返し角井邸へ。。これで2kmほど無駄に歩きました。
角井邸に着いた頃には、少し足が痛くなっています。
でも、写真にあるようなアートな作品が展示されていて、プチ直島旅行気分になり少し疲れが癒されます。


アトリエやま.jpg次に行ったのは「アトリエやま」です。
ここは、少しエロ系のアートが展示されていました。
この後、ベースキャンプにも行ったのですが、本当に疲れてきたので、ここで焼かれていたピザがとても美味しそうだったのですが、先を急ぐ事に。。




南都銀行.jpg鹿背山エリアから梅谷公民館経由で木津・本町エリアまで歩きました。
正直、とても疲れるのでバスの利用を強くお勧めします。

この木津・本町エリアで最初に行った場所が、今は利用されていない南都銀行です。
ここは、ピンホールカメラで撮影したアートが沢山飾られていました。
他にも、昔に使われていた金庫などがそのまま展示されているので面白い場所だったです。


八木邸.jpgこの後、八木邸へ行きました。
築80年の米蔵は圧巻で木津川アートの中で一番お勧めする場所です。








松原邸.jpg木津・本町エリアを全て観たあと、またまた歩いて上狛エリアへ行きます。もう、足が痛いというより股関節が痛くなってきています。

この写真は、やっと到着した松原邸です。
作品は良かったのですが、この上狛エリアに1カ所しかないのがたまにきず。。

結論的には
・鹿背山エリア
  ハイキングにオススメですが、もう少し分かりやすい地図をください。。。
・木津・本町エリア
  アート鑑賞によい場所で一番のオススメエリアです。
・上狛エリア
  できれば木津・本町エリアで展示してほしかったです。
  わざわざ一カ所のために上狛エリアに行くのはつらいです。

結局、トータルで約20kmは歩いたのではないでしょうか。。
アート鑑賞は疲れます。。